top of page

EN-TRYより新春のご挨拶


 

あけましておめでとうございます

2023年もEN-TRYをよろしくお願いいたします。

 

 

  シンクアロット代表 前出より

みなさまに新春のご挨拶


2023年度も、こどもたちにとって

素晴らしい未来を創ることに

全力でチャレンジし続けます。



新年、明けましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

 さて、私たちにとって、6期目となる2023年が始まりました。

 昨年は、幼稚園様、保育園様に、175回のオンライン国際交流の機会を提供でき、5,000人を超えるこどもたちが、世界に触れ、世界の同世代と交流することができました。

 一方で、東京都や大学教授からの支援を頂戴し、世界をテーマにした我々のプログラムが、こどもたちの将来にとってどういった価値があるのかを真剣に考え始めた1年でもありました。

 思い起こせば、5年前の今頃、我々は東京・丸の内の高層ビルで大手経営コンサルティング会社の一員として、大企業の経営陣をサポートする日々を送っていました。日本の中枢を支えているという自負を持ちつつも、自分たちに芽生えたある想いが日に日に高まっていました。

 「未来あるこどもたたちのために、もっと素晴らしい未来を創れないか」

 考え続け、自分たちの手で「全てのこどもたちが世界に触れられる未来を創ろう」と決めた時、我々は丸の内から未知であった幼児教育・保育の業界に進むことに致しました。これが、当社およびEN-TRYという、オンライン国際交流サービスの始まりです。

 5年間、色々な時期がありました。幼児のことをもっと知ろうと、教室を開いて、こどもたちや保護者と一緒に過ごした日、幼稚園・保育園の皆様にトライアルにお付き合いいただき、たくさんのアドバイスをいただいた日、既存の枠組み・実情をご教示いただき、このサービスはどの幼稚園様、保育園様にも求められていないんだと落ち込んだ日、コロナに便乗してるだけと言われ傷ついた日、メンバーが脱退していった日、それでもプログラム後の先生から優しい言葉をかけていただいた日、こどもたちの生き生きとした顔を見て頑張り続けようと心に決めた日。そんな日々が昨年の5,000人という数字につながっています。支えてくださった日本の園様、海外の園様に心から感謝です。


 そして、今年は、10,000人を超えるこどもたちが世界に触れる予定です。

 私たち自身、この2023年を心から待ち詫び、この元旦を迎えています。こどもたちに世界を見せられる一日一日を楽しみに、自分たちはもっともっと頑張るんだ、とやる気に満ちています。

 私たちはこどもたち全員に、世界のトップで活躍する人を目指してと思っているわけではございません。ただ、住む場所や職業はどうであれ、世界に関心を持って、世界とともに生きていくことは、人生の可能性を広げることだと思っています。

 こどもたちは、あふれんばかりの好奇心、探求心を持っています。

 そんなこどもたちに、「世界」という最高にワクワクできるテーマを提供したいと思います。こどもたちは、見た目、習慣、言葉といった違いを、ありのままに受け入れる強さ、柔軟性を持っています。こどもたちが、世界と自分を分け隔て始める前に、世界を身近なものにしてあげたいと思っています。私たちは、こどもたちの世界へのアンテナをたてる、この取り組みを、ずっと継続していく所存です。

 昨今、日本でも世界でも、大人たちがこどもたちの未来を奪う悲劇が続いています。言葉がありません。こどもたちに輝く未来を紡ぐのは大人の最低限の責務です。

 今年も、同じ志を持つ皆様と、心を一つにして、こどもたちの未来を創っていくことに、全力を尽くして参ります。


 この一年が、世界中のこどもたちと、皆様にとって、素晴らしい一年となることを心から願っています。

2023年新春 株式会社シンクアロット

代表取締役 前出貴則

 

Comments


bottom of page